車のない生活もいいと思います

1年前、10年近く乗っていた軽自動車を処分しました。保険料や車検を考えると経済的にも厳しいし、交通の便の良い市内に引っ越したかったけれどなかなか決断できずにいました。実家が田舎だったので車は必須だったので、車のない生活が想像できなかったからです。

けれど、運よく転職先が市内に決まったのをきっかけに気持ちも変わりました。引越し先もバス停や市電の近くにして、車は知人に譲りました。最初はどうなるか心配でしたが、案外やっていけるものです。自転車があれば大体のことは済むし、遠くてもバスがあります。実家にはレンタカーで行くようにして、出費を抑えることが出来ました。レンタカーも1年間で5回しか借りていないけれど、今のところ事故も起こしていません。ハンドルを握れば感覚を思い出すのでやっぱり運転自体は好きなんだと思います。よく音楽を聴きながら遠出していました。

レンタカーを借りて実家に帰るたびに、実父の将来に不安を感じます。病気や怪我で急に運転出来なくなったときが困るからです。そうなったら家から出ることも難しくなります。特に実家は限界集落に近いかもしれません。そんな中では心配なので「市内で一緒に暮らそう」と話をしたことがあります。

私が実家に帰れば済む話ですが、だからといって結局は私が老いたとき同じことになります。そこは避けたいと思い、一生懸命伝えたつもりが、本人の考え自体は違ったようです。「この窓から見える景色が好きだから離れたくない、月や星が綺麗に見えるから」と言ってました。生まれ育ったその家や村が心から好きなんだと思います。

私にはただの暗闇にしか見えないし、人の気配がなさすぎて気味が悪いです。何を優先するかは、今の時代、家族であれ口出すべきではないのかもしれません。私も実父と同じように自分の人生は自分で決めようと思いました。車はないけれど、自分の希望に近い生活が出来ているのでいいのかもしれません。

親子で鷲羽山ハイランドに行って来ました。

ある夏休みのパパの休日に親子3人で岡山県の南部、瀬戸内海が見える遊園地、鷲羽山ハイランドに遊びに行きました。

空は快晴の良い天気で泳ぐ気マンマンです。

凍らせた飲み物や、お弁当を持ち込んで入り口でフリーパスを買い、中に入ります。

ブラジリアンパークというだけあって、入ってすぐ目の前にステージがあり、ブラジル人の人たちが陽気に踊ってます。

私たちと目が合い、何かしゃべってましたけど、ごめんなさい、何しゃべってんだか聞き取れませんで、とりあえず笑いながらスルーしてしまいました。

でもこれでいいと思います、何となく。

早速プールに入ります、ただのプールで小さなスライダーが1つあるだけですが、子供が喜んでたので嬉しいです。

12時に中央のステージでのサンバコーナーではブラジル人が4人滑稽な躍りと共に出てきました。「ひげのテーマ」を思い出して笑ってしまいました。

ここでは水鉄砲で水の掛け合い合戦です。何かしゃべったと思ったら、いきなり水鉄砲で攻撃してきました!

これに応戦するには水鉄砲を買って戦うしかありません、貰えればいいのに…

てか平日なので客が少ない…

私ら入れて3家族だけです。私は盛り上げるために先陣を切って水鉄砲を買って彼らに応戦しました!

もう水の掛け合いで逃げても追いかけてきて集中放出で全身ずぶ濡れ、パンツもびちゃこです。超楽しかった!

他のパパさんは照れて参加してくんなかったけど、しゃあないか。

アトラクションは子供向けから絶叫マシーンがあります。

一番よかったのはターボドロップという、フリーフォールのようなものです。

体を外向きに座って固定してゆっくりと上に上がる…あがってる時が怖いんですよね。足、ぶらぶらですし下をみると人が小さいし、てっぺんで一旦止まり、瀬戸内海、瀬戸大橋を見渡せます。そんな余裕もないままいきなりすとーんと落ちます。体の臓器がふわっと浮く感じですわ!

が、途中で止まり、またすとーんと、で、途中でまた止まり、すとーんと落ちます。この辺が優しいですね。

高所恐怖症の私でも瀬戸内海を堪能出来ました。

ただ、階段が多すぎるかな?一直線の階段なので足を踏み外したら相当危険な階段でそっちの方も怖かったです。手すりは必ずつかまって下さいね。

鷲羽山ハイランド楽しかったです。

またいつか夏休み行ってブラジル人と水の掛け合いしたいです。